ダフスト村シゥデン山の自然塩♪  Shuden’s rocky salt

ダフスト村シゥデン山の自然塩♪  Shuden’s rocky salt

Dsc00606_2 そわんからんが下北沢にオ

ープンして、かれこれ5年く

らい。

その間、いろんな方が訪れ

て下さった。(感謝o(_ _)o)

それこそ、ご近所の主婦の

方や沿線にお住まいの方には暖かく可愛がって頂き、場所柄なのか、女優アーティス

ト、シンガーソングライター、文筆業の方[E:pencil]など…。

実に多彩(多才)な職業の方々が通ってくださっている。

この仕事をやっていて本当に良かったと思えることのひとつは、人との出会い。

人の数だけドラマがあると言うけれど、皆さん一生懸命生きていて、いろんな事を感じて

頑張っておられる。年だけ食って大人になりきれない私は、お話をするだけでも目か

らうろこなのだ。

そんなお客様の一人であるM様は、現在モンゴルに赴任中。貴重な休暇の一部をさい

て、先日10ヶ月振りに笑顔で来店してくださった写真の塩を持って。

モンゴルといえば朝青龍くらいしか思いつかない、世間知らず?の私に色んなお話しを

して下さった。8月の終わりから寒くなり、朝晩コートなしでは出られないこと、冬は15分

も外に立っていられない程寒いこと、5月の砂嵐は凄まじくコンタクトレンズが出来ない

こと、そのせいだかまつ毛が伸びたこと、あまり野菜がなく特に青物の葉っぱ類が少な

いこと、市街地から車を30分も走らせると草原が広がっていること、白夜に慣れて時間

をうまく使えるようになった事。そして赴任当時、あまりにも過酷な自然環境に自分を適

応させるのが大変だったけれど、日本から観光に来た友達の「この国可愛いね~」

の一言で、視点を変え、いまではすっかり適応出来ていること等など。

全てを笑顔で語っているけれど、乗り越えるまでは本当に大変だったろうと思いながら、

有難く塩を頂いた。

良く見るとロシア語・韓国語・日本語・モンゴル語?で説明が書かれている。モンゴル

の山と空と草原の写真。シゥデン山の麓には黄色いエーデルワイスの花が咲き乱れ

ている。モンゴル独特の青い空。おおらかで素朴で美しい

M様とは、明るくハイタッチでお別れした(若い!)。また、「次の休暇に来ますね~こ

の塩、お料理に使ってね」と笑顔を残して帰っていかれた[E:weep]

さて、今晩のメニューはモンゴル風味の塩を使って、さんまの塩焼きでもしようかと、ちょ

っとなめてみた。塩の旨みと甘みに少し苦味が加わって良い感じ

ふと、袋の裏側を読むと、

「本品は天然物のため、若干の自然物が混じることがありますが、必要に応じ

ご利用ください。」 とあった

あぁ~、なんて大雑把で大らかなこと。

私は、しばらくの間この大らかなモンゴルの塩で、料理作りを楽しむ事にした。

M様との再会を楽しみにしつつ…

このページの先頭へ