正しい痩身のススメ☆基礎代謝

「食べても食べても太らない」って、一度でいいから言ってみたいですね~。

前回、代謝編でお伝えしたように、「基礎代謝」を上げることによって、寝てい

ても脂肪を燃焼してくれて、太りにくい体質を手に入れる事ができます。

今回はその具体的な方法について書いてみます。

① 日常、こまめに体を動かしたり、運動をして筋肉をつける・維持する

 基礎代謝の中で最も消費カロリーの多い筋肉をつけるのがポイント。

 特に腹筋・背筋・太ももの筋肉など大きい筋肉を鍛えると効率が良い。

 ただし、頑張り過ぎないように。

 身体組織の約4割を占める筋肉を賦活し鍛えることにより、筋肉量を増やし、

  また、年々落ちていく基礎代謝量を維持することが出来る。

② サーカディアンリズム(日内変動リズム)にそって生活する

 代謝量が高い朝から日中に良く活動し、夕方から夜にかけてはリラックスタ

 イムにする。交感神経が優位に働いている日中は代謝が高く、消費カロリー

 も多いが、夕方以降は副交感神経の働きが優位になる。

③ ②をふまえて、食事は朝・昼しっかりめに食べ、夜は控えめにする。

 特に、余ったカロリーは中性脂肪として体に蓄積されるので要注意!

④ 体を冷やさない

 体温の低い人は、体を温める食材を摂る様にする。

⑤ 栄養バランスの良い食事を腹八分目に摂る。

 極端に食事量を落としたりしない。質を上げること。食事を抜かない。

⑥ 体の歪みに注意して、正しい姿勢を意識する。

なんだか、こうしてみると「結局、食事と運動なの?」と言われそうですが、

これらは、基本中の基本ですので、是非出来そうな事から試してみて下さ

いね。

極端に食事を制限するダイエットは、すぐ体重が落ちて手っ取り早そうです

が、実は筋肉を失って萎えた体になってしまいます。その結果、少しの栄養

でも生きていける消費カロリーの低い体になって、普通の量に戻した時に大

きくリバウンドします。その時は、脂肪が増えます。つまり、大切な筋肉を失

い余分な脂肪を増やすという、とんでもない悪循環を生むのです。

残念ながら、ダイエットにはマジックはありません。

この先後悔しないように、

もう一度今の生活をチェックしてみてくださいね

次回は、効果的な食事の摂り方についてお送りします

このページの先頭へ