可愛いお客様♪

先日の事、「久し振りにランチをしましょう」と友人からメールが来た。

かれこれ7ヶ月振りなのでとっても嬉しい。私はこう見えて、誘うより誘われる

方が好きだ。で、楽しい打合せを色々とした後「娘がね、まつ毛エクステを初

体験したいと言ってるんだけど…。」と相談を受けた。

もちろん大歓迎という事で今日、友人の娘のRちゃんがサロンに来てくれ

た。

か、可愛いいお母さんそっくりだ!と思ったがお父さん似らしい

まつ毛パーマなどもした事がないようで、まつ毛が健康で傷んでいない。

そのままにしときたいような…。

カウンセリングの結果、自然でありながら、エクステのボリューム感は損なわず、

マスカラよりは存在感があり、可愛い目元にという目標をたてた。

細めで長過ぎないエクステを使い、丁度良い長さが無ければ鋏を入れて作り、

目の形に合わせて丸く長さを変えて、一本のまつ毛に一本ずつ、自然なカールの

ものを付けた。本数は、片目30本。多すぎるのは似合わないと判断した。

初めてつけた時の違和感をなるべく感じないように、

さり気無いけれどしっかりと。

「彼は出来ましたか?」

「え?」

「あ、既にいますよねー」

「はい。います」

エクステをつけている間、そんな会話をしながら楽しく時が流れた

鏡で自分の顔を確認した瞬間の、Rちゃんの笑顔

内心、ほっとした。

「今度は母もお願いします。」と笑顔でエレベーターが閉まった。

見送った後も、しばらくの間ずっと笑顔の私であった

このページの先頭へ