健康を守る靴

休日になると、あちこち歩き回ることが多い私ですが、先日、クリ

スマスの買い出しに出かけた時には、両足に靴擦れが出来て立ち

往生してしまいました。その日は、履きなれないパンプスを履いて

いたのです。

靴の形が合わなくて、外反母趾など足を痛めている人は多いと思

いますが、その原因は靴にあるのだそうです。市販されている靴

のほとんどがたった一つの幅で、親指の居場所のないデザインの

まま作られているそうです。考えたら怖いことですよね。

来年は、セミナーなど人前に出る仕事も多くなるので、足に合った

形の美しいパンプスを求めて、先日、「カルツェリア・ホソノ」という

店を訪れました。

 これが、購入したパンプスです。

正面からみてわかるでしょうか、

親指が比較的まっすぐ収まるよ

うに設計されています。

この店では靴を選ぶ前に、両足

のサイズを正しく測ってくれまし

た。もちろん、ミリ単位で。

ヒールの高さや足の

幅などもサイズが豊

富で、時間をかけて

試し履きをしながらじ

っくり選ぶことが出来

ました。

 

これはオプションのア

クセサリーをつけたと

ころです。

折角良い靴を買った

ので、表情を変えて長

く履きたいと思って。

 

痛いパンプスを我慢して履いていたら、いつか足だけではなく、健康

まで害してしまいそうですよね。皆さんも、もう一度靴箱をチェックして、

足の健康について考えてみませんか

このページの先頭へ