一人で過ごす大切な時間

「眼の前に大きく広がる海に降り注ぐ、大雨はとても素敵だった…」

今日の午後からサロンに来られたM様が、ふと漏らした言葉。

9月に一人旅をし、日頃の疲れを癒し、元気になって帰って来られたとのこと。

M様は外資系の会社に勤めるOL。毎日、英語を操って大変な仕事をこなして

いる。最近、英語が嫌になってきたという。

「なぜですか?」の問いにこう答えた。

「なぜ、この人達(同じ会社に勤める欧米人)はこんな安直でストレートな表現し

か出来ないんだろう。それに比べてこの頃は、日本語の美しさを実感している。」

M様は、同じ会社に勤める欧米人とのコミュニケーションにほとほと疲れている

様子だった。

バカンスでは、殆ど観光らしいものはせず、ただただ好きな本を読み、美しい景

色を眺め、自分を取り戻すための大切な時間を過ごしていたようだった。

「必要な時間なんです…。」

そう言われたM様はとても知的で華奢な方。

誰でもきっと、生きるエネルギーが落ち込んだとき、知らず知らずのうちに、

パワーを回復するために必要な時間を持ちたいと行動を起こすでしょう。

M様にとっては、大好きな地で過ごす一人の時間がそれでした。

このページの先頭へ